コピーライティングで気をつけること-伝える-

コピーライティングを勉強して判ったこと

ブログで記事を書くなり、
LINEやスカイプでやり取りするにしても、
気を付けるべき点は、
1:相手の理解度を把握せず一方的に伝える場合
このことは実社会の会社内や近所付き合い、友人・知人と
会話を交わす時に陥りやすい、無意識な言動で
些細なトラブルの火種になりやすく、
最悪取り返しのつかない状況に陥る危険性も含まれています。

 

原因
自分が判っていることは、
伝えるべき相手も事前に理解していると
勝手に思い込んで決めていることによります。
ダメ記事

上記の記事は1年以上前に書かれたあるアフィリエイターの記事です。
(参考例として載せました)

一時流行った「Tsu」に加入する人を募集するための記事ですが、
「Tsu」を知っている人なら、なんとなく通じるものでしょうが、
「Tsu」は最近全く注目されなくなっているので、
知らない人もいると思います。

その事前知識のない人がこの記事を読まれて
参加・加入するでしょうか?

「スーマネー・スービカムズキャッシュマシーン」って何?

「Tsuのマネタライズ」って何?

判らないことだらけではないでしょうか?

実は多くのブログを書いている方が
これと同じような事・書き方や
かなり似たようなことを書いてアップされています。

判りますか?

相手に伝えるためには、上記のような書き方では
理解を得ることはできないのです。

例え、理解している人が読むにしても、
書き手は、超初心者に理解を頂きたいと
思って懇切丁寧に詳しく、かつ分かりやすく
画像も利用して、しつこく書くぐらいがちょうどよいでしょう。
「コピーライティング」は決して難しい作業ではありませんが、
最初に踏まえておくべき重要な点は「相手は何も知らない」
考えて、どうしたら理解してくれるか常に考えて記事を構成しなければなりません。

その為には、用意すべきものは
「豊富な語彙」
「伝える情報の内容の充実度」
「豊かな文章表現」
「正確な助詞の使い方」です。

最低限これだけは用意しておけば
理解しやすい記事は簡単に書けるものです。

それでも不安が拭い去れないときは
同じ内容を別の言葉で書かれた記事を
読む事をお勧めします。

しかし、一人でこつこつキーボードを叩いていると
そのようなブログが簡単に見つかるものではありませんね。

それなら、同じ材料をベースに活動しているグループを
探して加入するのが最短で行えることだと思いませんか?

コピーライティングの技術が向上し、
疑問に思うことがグループや仲間から無償で教えてもらえる。

しんな環境はインターネットで検索しても
思うようには見つからないのですが、
ここにはそれがあります
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

イイ収入ガ ガイド

イイ収入ガイド ,

One thought on “コピーライティングで気をつけること-伝える-

  1. ピンキー より:

    ヨシヒロ塾の織美亜さん応援ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です