成功を分けるゴール設定とは?

成功の分かれ道は、ゴール設定の質に大きく左右されると言われています。
 
ゴール設定、していますか?(^-^)
  
 
じつは、成功する人の特徴と共通点というものがあるんですね。
それは、
・ゴール達成を当たり前のように振舞っていて、実際に見えているかのように話している。
・ゴールが明確であり、ゴールまでの道をリアリティーを持って語れる
・行動や日常において、すぐにゴールにアクセスでき、  その為、決断が早い。
 ゴールに向けて行動を選んでいるんですね!
 
そう!成功体質の共通点は、ゴールが明確であり、ゴール思考が強いんですね!
 
 
では、どのようなゴール設定をしたら効果的なのでしょうか?
 
 
それは、この8つの質問を自分に問いかけていくことで、具体的に見えてきますよ♪
ぜひ自分に質問してみてくださいね!
 

1.あなたの欲しい成果は、具体的に何ですか?

これを明確にしましょう!
  ☆ここでポイントです!
  肯定的な言葉、文章で表すことが重要ですよ。
  成果とは、ゴールや目的ですね。
  ここでは、成果を具体的にイメージして表現することが大切ですよ♪
  ウキウキしながら遠慮なくイメージしてくださいね!
 
2.成果を実現している自分を言語化します。

   成果が手に入ったら、どのようにわかりますか?
  その時に、どんなものが見えますか?
  なにが聞こえますか?
  どんな感じがするでしょうか?
 
3.成果を手に入れた情報をさらに具体化していきます。
  いつ? どこで? 誰と?
  だれが? 何を? どのように?
  こういった質問で、どんどん具現化していきましょう!
  ゴールのイメージが強化されますよ。
 
4.エコロジーチェック、エコロジカルチェックをします。
  人間関係、周りの環境は、どのように変化しますか?
        チェックすることで、自分の行動、ゴール達成がまわりにどういう影響を与えるのかを
  イメージし ておきます。
 
5.ゴール達成を実現するためのリソース
  (資源・資産・要素など)を明確にします。
 
 ◆ゴールを達成するのに必要なリソースのうち、あなたが既に持っているリソースは何ですか?
  例えば、パソコンスキル、パソコン・インターネット環境がある、時間がある、○○の知識がある、
  支え合える仲間がいる、など。
  ゴール達成に活用できそうなリソースは、どんどん答えて明確にしていきましょう!
 
 ◆成果を手に入れるために、さらに必要なリソースは何ですか?
 
 
 
6.成果を手にすることを止めているもの、邪魔しているものを発見しましょう!
  意識できているもの、無意識のもので 自分に制限を加えているものを発見してみましょう。
 「現在、成果を手に入れうるのを止めているものは何ですか?」
  この質問により、自分に制限を与えているものに気が付きます。
 
 
7.目標を達成することの意味を知りましょう!
 「成果を手に入れることは、あなたにとって どのような意味がありますか?」
 
 
8.!~7を踏まえて、具体的な行動計画を立てたり、
  ファーストステップを設定しましょう!
 「では、はじめの行動は何をしますか?」「まず何から始めますか?」
  行動ベースの計画を立て、第一歩が決まり、その一歩目の行動が行動可能なものであれば、
  一歩を踏み出し、行動の一貫性の法則が働きやすいですね。
  
 
 
これらは自分で自分に問いかけて進めることもできますが、
コーチング練習の場を使えば、簡単に上手なゴール設定ができちゃいます♪
 
BMTSプログラムでは、こういったコーチング練習を、仲間と気軽に練習しあうことができますよ!
楽しくスピード成功してきましょう!
  
イイ収入ガイド☆ 無料請求で収入の情報が満載!
 
BMTS

2 thoughts on “成功を分けるゴール設定とは?

  1. ごんたママ より:

    おはようございます!
    ゴール設定、できてるようで、出来てませんよね。
    コーチングで「ゴール設定」出来るのは、すごく良いですよね。
    素敵な情報ありがとうございます。
    私も頑張ります。

    1. なっち より:

      ごんたママさん、いつもコメントをくださりどうもありがとうございます!
      ゴール設定って大切ですよね!
      コーチング練習をするたびに、見えていなかったゴールや、そこに辿り着くまでの方法などが見えてきたりもするので、どんどんブラッシュアップされていく感じがしています。
      一緒にがんばっていきましょうね!(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA