目的とOutcome

目的とOutcome

目的から発想する
手段→目標→目的である。
Well Formed Outcome(良く作られた目標)

※well-formed 【形】形の良い、

十分に形作られて[形成されて]いる、よくまとめられた

※outcome 【名】 結果、結末、成果、所産

①肯定的

目標は肯定的で有る、何々でしたくない、

何々で無く成るではない。

②自分で行える

目標は自分で行うもので、人がしてくれる物では無い。

③具体的

目標は具体的に描かれる物である。

④達成の証拠

達成したらその証拠が判る。何を聞いたり、

見たりしたら判る物である。

⑤リソース

目標に必要なリソースがちゃんと特定されている物。

⑥適切な大きさ

目標は大きくもせず、小さくもせず、

モチベーションを持って

取り組める適切な大きさである。

⑦影響

目標に到達した時にネガティブな

影響が無いかチェックされている事。

⑧メタアウトカム

目標を達成した後に起こる事、

目標を達成した意味などが明確に

意識されている事。

 

こういう物が良い目標だ。

セミナーをやりたいが中々上手く

行かないと言うクライアントが相談に来たら、

セミナーと言う物をどんどん明確にして行く。

クライアントに

どんなセミナーなのか?

どんな人に来てもらいたいのか?

どんな結果を出せるかな?

始めに来た時、2時間後にはどうなっている?

その間にどんなことが起こるのか?

2時間経ってその人の内での過ごし方が、

会社での過ごし方がどんな風になっているのか?

来る前その人はどんな状態はのか?

貴方はどんな事を伝えたり、

どんな事をやったりしたのか?

分かる範囲でどんどん具体的に聞いていく、

そうすると自分のセミナーはこんな人が来て、

これ位の時間でこんな体験をして

こんな結果をもたらすものなんだ。

その為に出来る準備は何なのか?

目標が明確で有れば具体的な行動が決まっていく。

目標よりも目的が大事なのでは無いだろうか?

何のための目標なのか?

そうなる為には何が得たいのか?

目的がハッキリしないと目標が定まらない。

それから手段を考えても良いのではないか?


SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ
情報商材 ブログランキングへ

情報商材 ブログランキングへ

NLP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA