人生の主人公として生きるための10の物語

人生の主人公として生きるための10の物語

コーチングの中で一体何を学習するのか?

コーチング、カウンセリングと

言われる全領域を通じてですが、

コーチが退陣する時にクライアントと

作りたい信念とかクライアントさんに

持って貰いたいビリーフとは何なのか?

それを10個にまとめた例が

これから話すことですがらです。

時にはこの事を思い出してください、

コーチがクライアントと

切り替えマップを歩きながら、

そしてエピソードのヒントを掴みたい、

どんなヒントをポジションチェンジをしながら、

コーチングをしながら、

インタラクティブリスニングを使いながら、

再レポートを促しながら、

どんなヒントを掴みたいか?


〇自分はこれまで十分やってきた

自分はこれまで十分やってきた,

と言う事にクライアントに確かにそうだなて

思ってもらいたい訳。

だから自分がこれまでにやって来た事を

見える化しても良いし

周りに対するいい影響を見える化しても良いし

これまで自分がやれたことを体験して

ポジションチェンジしてみても良いし

クライアントにそんなことが

出来たんだねと言いながら、クライアントと何を

作りたいかそうかこれまで十分やって来たなと

どんな人生でここまで 十分やって来た頑張って

来たという事をしたいんです。

だってそれが無いと進めないから一回総括しようと

自分のために頑張って来たと総括したい。

〇好きな人生を生きて… それで人の役に立てる。

好きな人生を生きてはいけないんだと

思っている人が居ます。

駄目なんだ好き勝手にやると人に

迷惑を掛けると思って居る人が居ます。

何とかそうじゃ無いて言う体験を作りたい訳です。

だから何かのエピソードに入って行っても

良いですもっと広い大きな世の中を見える化

していてイメージして見ても良いんです。

言葉で相手に色々チャレンジをしてみても良いんです。

そうか自分も好きな人生を生きても良いんです、

だからこそ人の役に立てるんだてことを、

その人の中に作りたいという事です。

それ以外なら夢以外でチャレンジすることが

やりにくいんです。

この人好きに生きていなんだと思ったら好きに

生きて良いきてて良いなと思ったり

自分も良いなと思える事をもっと思い出したりとか、

それを見える化すればいいんだし、好きに

生きているからからこそ周りの人がどんなに

勇気づけられるかと体験してもらったり

見える化すればいい。

そうしてビリーフを作って行く、

相手がこれに気づいたら眼鏡を掛けたら良い訳。


〇自分の人生で大切なのは〇〇だ、 自分は〇〇だ。

過去、現在、未来、自分、他人あらゆる体験をしながら、

それを見える化しながら、

言葉を一個一個チェックしていきながら

そうか、大切なのはこれか、

自分はこれこれだと言うのを体験の中からで

気が付いてもらって、良いですね! そうだんですねて

こっちの感情も使って相手に対して

インストールしていく。

新しいビリーフをもってアウトプットしてもらいたい。

(未来に向けて)直ぐに出来る事、使える物が一杯有るんだ。

このためにコーチはワークをしている。

沢山のリソース、自分の内側に有る、

外側に有るリソースを体験してもらい、

見える化して、そしてそうか

こんなに一杯有るんだて確認してもらう為に

コーチはコーチングをしている訳。


〇この初めからなら上手くやれそう、

色んなやり方が有る自分にもできそう。

出来るやり方を体験して見える化しそして確かめ。

やりながら上手く行きそう、良いねやってみましょう、

やったらどうなるのかと言うのをやるのがコーチです。

問題でもそうですコーチには強さが有ります。

クライアントに勇気づけられて

何か大切な事にに気が付いて行く。

問題だと思って居たことが

問題じゃない事も一杯有ります。

人間関係で問題だと思ってたけど

タイムラインで未来に歩いてみたら

もうこんな事にこだわるんじゃなかった、

解決の仕方も有るんです。

〇これは問題では無かった。

問題だと思ってたらこれは未来から見たら

リソースだったんだ使いこなそうという事も有る

そうだったんだと言う眼鏡を掛けてもらう

為にコーチは居るんだ。
〇目的に向けて自分でコントロールできることが有る。

もしかしたらこうなりそうと成ったら

そこに向かってしっかり体験を作って行く

体験してもらて見える化し、

未来を見える化した時問題じゃ無かった

そのシーンを外していくそしてどんなリソースが有るんだろう

そしてそれを描いてそんなリソースが有るんだという事を描いて

帰ってもらう。

問題のシーンの中に入って行って感情、思考、出来事、ポジションチェンジ。

クライアントが自分は動けるんだ、

こんな状況の中でもやれる事が有ると

クライアントが気づけたら動けるんですから、

それが見付からないかなと

コーチングセッションしているし

出来る事が有るじゃないですかて眼鏡を

かけて行くその為に臨場体験をしているし、

見える化しえ整理をしている訳だし

沢山見える化し整理をし直して、どれをしたら出来る、

これやってダメだったらどれをする

という事を持たせて帰させる、

勇気づけさせると本人はやるんです。

それがコーチングだと言うんです。


〇敵じゃない(協力できる) 自分対自分 自分対他人

敵だと思って居た関係がそうでは無かった、

大切な存在だったんだお互い

苦しい事は有ったんだけど、

と思える所が無いかなと思って関わって行く

上司だろうが部下だろうが親子関係だろうがなんでも

そうな訳、見つからなくても良い、

今、相手の素晴らしい所が

見つから無い事もいっぱい有るから、

もしこれが見付かるのなら誰かと協力

出来るように成るのだから、

無いかな思いながら体験をするし、

ポジションチェンジをするし、探って行くんです。


〇あの時はあの時で良くやった、今は別の生き方が出来る。

自分が楽に生きられる物語を見つけていく、

よくあります自分は無力だった出来なかった、

もっとこうすべきだったのに、

でもあの時のあの事は良くやった

と思う、あの時は限界だった会社の

あの状況の中では良くやった、

子供時代あんな親の間でも良くやったなと、

しかし今は別のやり方が出来るそれに気が付いて

じゃどうやって生きようか?

あの時はあの時で良くやった、

今は別の生き方が出来ると気が付いてもらえれば

あの時はしょうがなかったし、

今は別の事が出来ると人生を再スタートできる。

その為に臨場体験をするし、

その為に見える化をするし、

その為に言葉を整理していく。


〇この罪を忘れずに未来に活かす。

それでもダメだったの一つに、

いえ私はしでかして人に迷惑を掛けて

幸せな人生なんか生きちゃいけないんですと

言う人にどう関わるか自分とコミニケーション、

他人とコミニケーション、世の中ともっとコミニケーション

が取れたら問題てどんどん無くなって行くんです。

相手にしてしまった事とか何かしてしまった事は、

取り返しがつかないからこそ、それは二度ともうしない

その穴埋めをする為に未来を生きるんだ、

未来を変えて行くんだ、

という考え方だって良いんです。

何十年罪悪感を持っていても人の役に立ちませんから

それを手放して行くという事。

コーチングセッションの最大の事故とは何かという事

何にも気が付かなかったけど、何も変わらなかったけど

でもコーチはいい人で自分の事を

信じて応援してくれた、

その事をキープしましっましょう。

そうするとその人は一つだけ物語を持って

ピットアウトするんですよコーチとのこんなに良い

人間関係が持てるんだ私にもこんな風に

真剣に関わてくれる人が居るんだ、

その事を体験してもらえばその人の

人生の宝に成ります。


SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ
情報商材 ブログランキングへ

情報商材 ブログランキングへ

NLP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です