金脈は目の前に!大当たりを生み出すソーシャルネットワークとは?

熱血!ガテン系ピンキー塾生の

何時もさわやかはとうと申します。

金脈は目の前に!大当たりを生み出すソーシャルネットワークとは? のリライトを書きました。

———————————————————–

ソーシャルメディアを利用すれば、

絶対に成功して富を生み出せます。

ソーシャルメディアとは、

フェイスブックやブログの様なサービスです。

SNSと呼ばれます。

 

結局、ブログでもフェイスブックでも同じ。

100%成功する方法を見出すコツは、

媒体や接触方法が違っても

結局は、「人と人」という部分です。

実際に、ブログであろうと、メルマガであろうと、
mixiやフェイスブックであろうと、成果はでています。

インターネットを通じで、場所も時間も関係なく
人と人がつながるようになりました。

結局は「あなたに富をもたらす人と出会うこと」

この言葉に活動が集約されるといっても

言い過ぎではありませんよね?

根本的に、この考えから派生してノウハウ開発を行っているので、ブログであろうと、メルマガであろうと、
mixiやフェイスブックであろうと、成果をだしているのです。

正直、ゼロから稼ぎなおさないといけないなら、

SNSがあれば大丈夫です。

SEOを使った実験だったり、

PPCなどの広告だったり、
メルマガだったり、

ブログだったり、

掲示板だったり、

無料レポートや電子書籍だったり、

動画だったり・・・

ブログやフェイスブックなどのSNSだったり・・・・

私たちと「人」のつながりにフォーカスすれば、
使うサービスが変わっても、結果をだせるということです。

では、他のメディアにくらべた

SNSの特徴はなんでしょう?

それは、「人とつながる」ことが意識され、

特化していることでしょう。

これにはある仮説があります。

『スモール・ワールド現象』
これは、知り合い関係を芋づる式にたどっていけば比較的簡単に世界中の誰にでも行き着くという仮説です。

この仮説は社会心理学者スタンレー・ミルグラムが
行ったスモールワールド実験 (small world experiment) で検証されました。

六次の隔たりというフレーズが有名です。
たとえば、あなたとアメリカ大統領。

知り合いを6人介せば、あなたとアメリカ大統領がつながれるという話です。

※六次の隔たりは平均して6人なので、7人とか10人を介す場合もあります。

こういった発想がバックグランドにあるのがSNSです。

SNSを使えば

「あなたに富をもたらす人と、6人を介して出会える」

ということです。

これは、SNSの本来の使い方、機能を

私たちのようなシンプルな視点で

活用すればOKどこに焦点を当てて、

使い方を考えるか?

機能を見るか?

それが、成功の必勝法なんですね。

これ聞いたアナタも、視点や焦点の当て方を

変えて一度、じっくりと、

本来の使い方や機能について考えください。

きっと、成功法則が見えてきますので。

エグゼクティブ ビジネスパートナーの育成システムでは基礎カリキュラムで活用方法を指導しています。

「えっ!?そんな単純なことでいいの?」
っと、驚くかもしれません。

しかし、私たちの視点でみれば、それがベスト。
シンプルで単純だけど、破壊力は満点です。
ただし、個人では限界があります。

これは、志をともにする仲間と一緒に楽しむことで、

大きな結果に化けます。

そういった効果を包括して

ビジネスパートナーシステムは考えられています。

育成プランの特色にもなっています。

SNSを仲間と楽しく使っていると、

いつの間にか、自分の収益に還ってくる。

面白い仕組です。

eesyuunyuuguide
リライト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です