劣等感や挫折感を消滅させる方法

誰でも劣等感を持っています。私なんか固まりです。

誰もが、何かの分野やコンテキスト(文脈)においては、誰かと比べると
劣っているので当然かもしれませんが。

全ての分野で、どんな時でも、誰よりも秀でていることは完全に不可能です。

 

一流のアスリートも勉強では勝てないこともあるでしょう。
勉強ができても、お金儲けが苦手な人もいます。
あることで成功してお金持ちになった人は全ての事に
優れている訳ではありません。
・・全てのことに優れている必要はまったくないのです。

自信満々に見える人も何かの分野では自信がないと感じています。
今は自信満々に見える人も過去の人生では喪失感や挫折感で
悩んだ日々があるはずです。

 

落ち込むという感情の多くは何かと比べることから沸き上がり、

何かに劣っていると感じることが挫折感を引き起こしていると考えられます。

他の人があることにおいて自分より上手にできるからと言って、
あなたがダメということではありません。
・・それに何かが劣っても落ち込む必要はありません。

自分には不要な無関係なことで落ち込むのは止めて、これから自分が
必要なことを手に入れるための達成したい目標に向かうことだけに
焦点を当てます。

現在の状態と理想の状態(アウトカム)の差(ギャップ)を把握します。
その差を埋める必要なリソースを獲得するためにやるべきことを時系列で
イメージして文章、イラストなどに書き写しておきましょう。その結果も
記載しておくことを勧めます

これであなたの目標達成に必要なリソース獲得が中心となるため、
関係しない分野であなたが誰かに比べて劣っていたとしても、
落ち込むことはないと思いますよ?

このような、アウトカム志向モードを学ぶことにより、挫折感や劣等感を
感じることがなくなります。

精神的な負担の軽減と悩む時間が解消され、加速的に目標達成することを痛感するはずです。
これは焦点化による集中した推進力を得ているからです。

では、アウトカム達成に必要なリソースに関連する分野で、
自分より優れている人達を見つけた場合はどうしますか?
「えーとそれは、自分と比較します。その結果落ち込みます。」
・・これでは以前と同じで進歩がありませんね。

あなたは、アウトカム達成に必要なリソースを獲得するために比較するのです。
何となくではなく、目的意識を持って比較します。
比較して、その差を分析することが目的です。

リソースを獲得できている状態をアウトカムとして設定
リソースを持っていない今を現状として設定

今の自分に不足しているリソースを発見し獲得していくことがギャップを埋めて
望ましい状態になることです。

・・落ち込んでいる暇はありません!

ギャップを埋めるために自分より優れている人をモデリングしましょう!
学ぶ対象を見つけてリソースを獲得しギャップが埋まる喜びを感じながら
チャレンジしていきましょう!

このNLPのアウトカム志向は生活面、仕事面どの分野でも生かされます。
目標達成に向けて有効活用しましょう。

NLPの素晴らしさに気づきました。
これからNLPを数多く学んでいこうと思います。
学んだ以上の喜びや楽しさが待っていると信じています。

皆さん一緒に、NLP(神経言語プログラミング)を学んでいきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

アフィリエイト初心者 最初の一歩は
こちらからです
⇊  ⇊   ⇊

ブログランキングの応援よろしくお願いします。

SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ

NLP, リライト, 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です