マッピングアクロスで成功を加速!『心のブレーキ』を外してみよう。

BMTS
janeb13 / Pixabay

こんばんは、クルーズ大好きピンキーです。

2021年もスタートしましたね1月も3分の1が過ぎました。
毎日寒い日々が続きます。
今日は、作業場にこもり薪ストーブを焚き、作業場を温かくして、
高さ1.2M幅1.2M奥行.45Mの棚を作成しました。
実は部屋の整理がつかず、収納用の棚を作ったのですね(^^♪

そこで今日は、
マッピングアクロスで成功を加速!『心のブレーキ』を外してみよう。
ということでお話ししたいと思います。

●あなたの成功を妨げる邪魔をするものは?

大金を稼いで、成功しようとすることを邪魔するものがありますね。
あなたの夢を否定する人には気をつけてくださいよ。
例えば
「あなたが大金を稼げるわけがない」
とか
「私はあなたのことを心配して言っているのよ。夢みたいなことを言ってないで。普通が一番だろ!」
といった感じでその場で耳にすることがありますか?
その後も、頭の中をぐるぐると言葉が反復して印象が強化されて、心に強い影響を受けることもありますね。

●邪魔する言葉(音声)を収納する前にフィルターをかけましょう。

聴覚システムAにおけるサブモダリティ(従属要素)は、音の高さや音の大きさ、音のスピードを指しています。

人から自分の成功の足を引っ張るようなことを言われた時には、
頭と心に収納する前に、サブモダリティ(従属要素)を変えて収納しましょう。

こんな感じで
聞いた声(音声)を、コミカルなコメディアンのように、
甲高い声で、早口な口調にイメージしておきます(^^♪

これだけでも、言葉から受ける影響を変化させることができます。
あなたの夢を否定する人が発する言葉は、
このように音声で受ける影響を変化することも可能なんですね。

●成功を邪魔する過去の思い出体験!

もう一つ成功を邪魔するのが、
あなたが過去から作り上げられた思い出体験、自分の思い込みということもあります。

人は、過去の出来事から学ぶことがあります。
幼いころに猫に対して怖い想いをして、苦手意識を持つこともありますね。

大人になり、小さな可愛い猫をみて、苦手だったけど触ってみたくなったとしても

身体が固まり、触る行動を阻害することがあります。

意識では、「猫を触りたい」と考え、
無意識では「猫は怖い動物だ」と関連付けが強い時など、やっぱり触れない。

無意識は、感情との結びつき強く 身体感覚(K)に近いと言われています。

無意識が触りたくないとなれば、身体が動かない!

そんな感覚ですとわかりやすいですね。

あなたの頭の中無意識にある思い込みが、成功への行動を邪魔するわけです。

意識では、「お金を手にしたい」「たくさんのお金を稼ぎたい」と考えても、
頭の中無意識では、こんな思い込みが強く刻まれている場合もあります。

「お金を稼ぐことに抵抗がある」
「利益を多く出すことは、はしたないことだ!」
やりたいのに、やりたくない。
こういう心の葛藤が成功することを邪魔することがありますね。

●成功を邪魔する心の葛藤から抜け出すには?

成功する為、葛藤を取り除く為にはどうすればいいでしょうか?

簡単ですね。

「お金持ちのこと」や「たくさん稼ぐこと」に対する無意識にあるイメージ・プログラムを変えることです。
人は、1回の経験、一瞬でも学習することもあれば、ゆっくりと考え方が変化していきます。

【学習強度】=【インパクト】×【回数】という考え方で、
対応方法を検討することです。
思い込みと同じだけの学習強度をたかめることです。

新しい役立つ考え方を持つために、
時間をかけ、何回も学ぶことなんですね。
本を読んだり、オーディオ教材を聞き込んだりすることで、
「お金持ち」「たくさん稼ぐ」ことへの良いイメージにたくさん触れる方法も有効。
何度も何度も繰り返して触れていく方法で頭の中無意識を変えていくことが重要です。

もしあなたが『心のブレーキ』を外し成功の道を進み成功したいのであれば
こちらの無料資料『ニュープロ』をご覧になって手に入れて成功の道へ進んでくださいね。

ここをクリックすると無料の『ニュープロ資料』が手に入りますよ♪

下記の写真をクリックしても手に入りますよ♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

投稿者プロフィール

ピンキー
ピンキー
ごきげんよう!ピンキー(塾長)です。
私は、ピンキーこと永山康晴と申します。
山形出身横浜育ちです。
1969年2月生まれ48歳になります。
高校卒業後、音響工学の専門学校で学び
20歳で就職安定した職に着きました。
防振と防音の会社に勤務。
31歳の時に会社も辞めて。。。。。
電話営業、1年、32歳。
友人の運送業、2年半、34歳。
「新築の自宅購入、」
そして、2011年3月11日、東日本大震災。
東北でボランティア、半年
東北にて建築業の仕事、

コメント