「未来」は、「現在形」と「完了形」で話そう

皆さん、こんにちは、瀬戸内の海に生きる男 トンチーです。

最初に応援ポチしてね!

 


起業・独立ランキング

 

「成功するまで」でなく「成功してから」を考える

 

大リーグのイチロー選手は、小学校時代、自分が、プロ野球選手として活躍する夢

を作文に書いた事は、有名ですよね。

自分の夢が実現したらどうなるかーその時の自分の姿、周囲の状況などを想像して、

ストーリーにする事は、イチロー選手に限らず多くの成功者が、実践しています。

 ここで大切なのは、それが「成功するまでのストーリー」だけでなく、「成功してから

のストーリー」も含まれていたということです。

 

だからこそ、「未来からのパワー」を感じることが、可能なのです。

潜在意識は、「想像」と「現実」を見分けることは、出来ないという特徴があります。

成功イメージを脳に浮かべるだけでなく、それを「ストーリー(言語)化」すれば、更に細部まで

具体的に表現でき、それだけ潜在意識に強く働きかける事が出来ます。

その結果、「未来のストーリー」に「現実」が後から追いかけるのです。

とはいうもの、何のヒントもなしに、真っ白な紙に「未来のストーリ-」をかくのは、

難しいですよね。

そこで私は、誰でも簡単に「未来のストーリー」がかける工夫をしました。

それが、「夢のビジョニングシート」です。

 

無料の資料請求は、こちらです。プチリッチ本なか見探索!

 

 

あなただけの「未来のビジョニングシート」

あなたの夢が実現したときの様子が、一つのストーリーとして、ありありと脳に浮かぶ

ように工夫されています。

ここで、大切なことは、夢を小さくしすぎないこと。前にも書きましたが、未来を

今の基準で、計っては、いけません。

今の制約をすべて取り除いて、自由な発想でストーリーを想像してみましょう。

 そしてもう一つ。「未来のストーリー」を未来形でなく「すでに実現したもの」としてとらえ

「現在形」「完了形」「過去形」で書いてみることをお薦めします。

潜在意識に強く働きかけて、「あなたの未来」を先取りするのです。

 又、「未来の夢のビジョニングシート」には、優れた協力者を集める効果もあります。

というのも、夢を「言語化」する事によって、あなたは、「自分の夢」を「自分の言葉」で

明確に人に伝えるようになるからです。

 

無料の資料請求は、こちらです。FBプチリッチ本なか見探索!

 

未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA